ストーカー特定調査・つきまとい特定調査はラブ探偵事務所

近年急増傾向にある悪質なストーカー被害・つきまとい被害。
相談をした相手を巻き込んでしまう可能性もあるので、誰にも相談できずに悩んでいる方は非常に多いです。

ストーカー行為・つきまとい行為などは、エスカレートしたことによって凶悪犯罪にも発展しかねません。
悪質なストーカー行為・つきまとい行為から、あなたの身を守るため、早期に「ストーカー・つきまとい特定調査」を着手し、違法行為を行う人物の特定することが解決の第一歩なのです。

ラブ探偵事務所では、些細なストーカー行為・つきまとい行為であっても「ストーカー・つきまとい特定調査」で被害を未然に防ぎながら決定的な証拠を収集し、御依頼者様との協議結果に従って防止対策をご提案・解決まで導きます。

探偵N

ラブ探偵事務所ではストーカー行為を行う人物との交渉業務にあたる弁護士などの法的専門家を無料でご紹介致します。

【注意】被害者とストーカー行為を行う人物の直接交渉は危険が伴う可能性が高いので絶対に避けて下さい。

各都道府県の迷惑防止条例でも抑止

ストーカー規制法と各都道府県の迷惑防止条例で抑止

2013年10月22日に閉会した千葉県議会9月定例会で、恋愛感情の有無にかかわらず、嫌がる相手に連続してメールを送る行為を新たに規制する県迷惑防止条例の改正案が可決されました。

2013年10月3日に施行された「改正ストーカー規制法」への対策の一環で、同法律で規制できない行動を摘発の対象に加えることで、重大事件への発展を食い止める狙いがあります。

記憶に新しいのは、2013年10月8日に起こってしまった「東京都三鷹市、女子高生ストーカー殺人事件」であるが、これまでのストーカー事件でも、「ストーカー規制法」ができる要因となった1999年10月の「桶川ストーカー殺人事件」や、「ストーカー規制法」が改正される要因となった2012年11月の「逗子ストーカー殺人事件」などがあります。

神奈川県逗子市の事件では、元交際相手から女性に対し1,000通を超える大量のメール送信があったことが問題化したため、連続したメール送信や電話についても新たに「つきまとい行為」として規制対象に加えました。

尚、改正された同法では恋愛感情の認定ができない嫌がらせや、いたずらは対象外となっており、今後に対しての課題がが残っていたのだが、改正条例案は行為自体を規制の対象としており、「法」で埋められない「穴」を埋めた格好となります。

さらに、服装や行動を監視して告げてくる行為や、「探偵を雇っている」などの嘘をついて相手を不安にさせたりする行為、ツイッターや無料通信アプリ「LINE」などによる行為なども、新たに規制対象に加えており、2014年1月に改正条例が施行されました。

近年、男女間トラブルの認知件数は増加傾向にあるのだが、恋愛感情の認定が必要な「改正ストーカー規制法」にプラスして「改正千葉県迷惑防止条例」の施行で規制範囲を広げ、悪質な行為の早期摘発や重大犯罪の抑止につなげます。

ストーカー被害特定調査事例

ラブ探偵事務所のストーカー被害特定調査事例

ストーカー・つきまとい被害特定調査とは?

「ストーカー被害」「つきまとい被害」は非常にデリケートな問題を含んでいます。

ラブ探偵事務所では、ご依頼者様のプライバシーに最大限の配慮をしながら、その実態をストーカー・つきまとい被害特定調査で明確にしていきます。
ストーカー・つきまとい被害特定調査の方法に関しましては、被害状況によって異なりますので事前に打ち合わせを行った上で決定いたします。

親切で丁寧な「ラブ探偵事務所」は、これまで数々のストーカー・つきまとい被害を解決した実績がありますのでお気軽にご相談ください。

探偵N

ストーカー被害にお悩みでご相談を受け、調査を行ったケースをご紹介します。

ラブ探偵事務所へストーカー被害の相談

今の会社に勤務する前のアルバイト先で知り合った男性R(37歳)からのストーカー行為に悩まされている女性OLのK美さん(24歳)。
2人での食事やデートに何度も誘われていたが、毎回なんとか断っていた。

しかし、徐々にRから誘われる頻度が多くなり、かなりしつこくなってきてしまったため、K美さんは続けたかったアルバイト先を辞めることになる。

その後、しばらくしてからK美さんの携帯電話や自宅のへ非通知の無言電話が多くなる。

徐々に嫌がらせはエスカレートし、中傷メールが携帯電話に届いた後、怪文書や脅迫の手紙が自宅に届くようになってしまった。
家族が所有する車にも傷をつけられたり、ポストも壊され、郵便物も盗まれているようで届かないものも多くなる。

こうして11か月が経過、我慢の限界になったK美さんは「ラブ探偵事務所」へ相談に訪れる。
「いつもどこかから誰かに見張られているような気がする」というK美さん。

経験豊富な相談員との相談の結果、ストーカーを特定するための調査依頼を受ける。

ラブ探偵事務所で解決(ストーカー・つきまとい被害特定調査)

最新の機材を使用して4人体制でK美さんと家族が居住するマンションでの張り込みを開始。

監視しながら調査を継続していると、1台の車から降りてきた30代と見受けられる男性が、K美さん宅のポストから郵便物を抜き取り、持ち去った。
すぐさま調査員は同男性を尾行したが、帰宅した先はなんとK美さんの真下の部屋だった。

ストーカーがこんな近くにいようとは・・・しかもその人物はRだったのだ。

後日、K美さんの勤務先のポストに中傷文を入れるRを動画に収めることに成功する。

その後、Rは「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」にて警察に逮捕されたため、K美さんは安心できる元の生活に戻った。

リアルタイムで被害に遭っている方へ

近年、このような悪質なストーカー・つきまとい行為は増加傾向にあります。

ストーカー・つきまといの特徴としては、日々の嫌がらせが行為が徐々にエスカレートしていく傾向がありますので、実際にリアルタイムで被害に遭っている方は一刻も早い相談・対応が解決への近道だと思って下さい。

探偵N

自己解決は非常に危険なので、絶対に自分の力だけで解決しようとせず、まずは相談無料の「ラブ探偵事務所」へご相談下さい。

他社の探偵調査を無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所がお勧めする探偵業としての「セカンドオピニオン」とは、各種調査の経験が豊富な現役ベテラン探偵調査員が他社の探偵事務所・興信所での調査プラン・お見積り内容が本当に適正なのか判断する無料診断サービスです。

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「探偵業センドオピニオン」をご利用下さい。

ラブ探偵

「探偵業センドオピニオン」につきましては、下記無料相談室よりお気軽にお問合せ下さい。

各種無料相談相談

電話で無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

LINEで無料相談

千葉県のラブ探偵事務所へLINEで無料相談

メールで無料相談