ラブ探偵事務所が教える探偵のヒューマンエラーと経験

ヒューマンエラー(英: human error)とは?

ヒューマンエラーとは、人為的過誤や失敗(ミス)のことで「意図しない結果を生じる人間の行為」と規定されている。
どんなプロフェッショナルであっても、人間である以上必ず過誤や失敗などのエラーは起こりうるということの呼び名です。

同じ人間に任せるという事は100%の完璧はありえないので対応策は無いに等しいのです。

しかし、今までの経験から人為的過誤や失敗を予測したり、事前に準備を怠らず不測の事態に備えたり、対策する事で可能な限り少なくできるものでもあるんです。

他社の探偵で失敗する要因

他社の探偵事務所や興信所で浮気調査や素行調査などの行動系調査が失敗してしまうケースの一部では、探偵調査員が引き起こすヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)などの要因が考えられます。

調査が失敗する原因
  1. 探偵相談員の誤った調査プランの提案
  2. 探偵調査員の思い込み
  3. 探偵調査員の誤った判断
  4. 探偵調査員の人員不足
  5. 車両・二輪バイク・自転車などの不足
  6. カメラ(撮影機器)の不具合・誤作動
  7. その他の調査機器の不具合・誤作動
  8. 調査機器のバッテリー容量不足
  9. 記録メディアの容量不足
  10. 記録メディアの不具合・誤作動

浮気調査や素行調査などの行動系調査で調査対象者を尾行して行動を撮影(記録)する業務では、探偵調査員は調査対象者の行動に合わせて臨機応変に対応しながら調査を継続していきます。

まさに、調査対象者が100人いたのなら100種類の調査が存在すると言っても過言ではありませんし、1人の調査対象者でも5日間調査すれば5種類の調査内容となります。

探偵L

ラブ探偵事務所では、もしも探偵調査員のヒューマンエラーがあった場合、再度、浮気調査や素行調査などの行動系調査をやり直しさせて頂きますのでご安心下さい。

探偵調査員の経験値とヒューマンエラー

ラブ探偵事務所が教える素人探偵のヒューマンエラー

ここで注目していただきたい事は、探偵調査員の経験値についてです。

探偵調査員の経験値と言っても、ご相談者様が探偵事務所や興信所に相談に行った時に体験したり見ることが出来ないものなので判断は難しいとは思いますが、その辺の知識はこのページをしっかりとお読み頂ければ少しだけは理解できると思います。

なぜ探偵調査員がヒューマンエラーを起こすのか?

浮気調査や素行調査などの行動系調査は、人(探偵調査員数名)が人(調査対象者・浮気相手など)を追跡や尾行しながら、同時進行で行動を撮影・記録する調査です。

浮気調査や素行調査など
  1. 探偵調査員数名のグループ
  2. 調査対象者・浮気相手などの行動を明確にする目的
  3. 人が人を追跡・尾行
  4. 機材を使用して行動を記録

長い調査時間の様々な行動の中で、探偵調査員のヒューマンエラーが発生する確率は0%とは言えません。

しかし、ある程度探偵調査員としての経験を積んで鍛錬していく内に探偵調査員が引き起こすヒューマンエラーといったマイナス部分の可能性を最小限に減らすことができるので、探偵調査員の経験値は非常に重要なポイントとなります。

また、ご依頼者様としては確実な浮気調査や素行調査などの行動系調査を行うためにも、それら未知なるヒューマンエラーの確率を限りなく低くするために探偵調査員が日々訓練・精進している探偵事務所や興信所へ浮気調査や素行調査などの行動系調査を依頼するという事が非常に重要となります。

経験値の少ない探偵調査員

探偵調査員経験1年
  1. 未熟で適正な判断が出来ない
  2. ヒューマンエラーを起こす可能性が高い

経験豊富なベテラン探偵調査員

探偵調査員経験10年
  1. 経験豊富で適正な判断が出来る
  2. ヒューマンエラーを起こす可能性は低い
探偵L

探偵調査員としての経験が長ければ長いほど、浮気調査や素行調査などの行動系調査でヒューマンエラーが発生する確率は低くなる傾向にあります。

素人探偵調査員のヒューマンエラー

ラブ探偵事務所が教える探偵調査員のヒューマンエラー

反対に、あまり浮気調査や不倫調査の経験が少ない探偵事務所や興信所、経験の浅い探偵調査員やアルバイト(素人)のみが在籍している探偵事務所や興信所、自社で依頼を受けた全ての調査を下請け(外注)となる経験の浅い個人探偵調査員に任せてしまう探偵事務所や興信所などが浮気調査や素行調査などの行動系調査に関わる事で下記の様な問題が発生する可能性があるので十分にご注意ください。

素人が尾行・追跡すると
  1. 追跡・尾行出来ずに撒かれる
  2. 探偵調査員の存在を気付かれて声をかけられる
  3. 調査対象者の外出を見逃す
  4. 調査対象者を間違える
  5. 失敗を隠すため虚偽の報告をされる
探偵L

上記のヒューマンエラーや虚偽報告は、実際に他社の探偵事務所や興信所へ調査を依頼して失敗したご相談者様からお聞きした内容であり、実在する探偵調査員が起こした失敗や過失なんです。

こんな「探偵調査員の選択ミス」をしないためにも、浮気調査や不倫調査などの行動系調査の依頼を検討している探偵事務所や興信所に在籍している調査員の経験値というものを面談時に担当相談員から聞いておく必要があるんです。

他社の調査プランを無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所が勧める探偵業としての「セカンドオピニオン」は、経験豊富な現役相談員が他の探偵事務所・興信所でのお見積り内容を本当に適正なのか判断するための無料診断サービスです。

ラブ探偵

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「セカンドオピニオン」をご利用下さい。

電話で無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

メールで無料相談