企業調査や背任横領調査はラブ探偵事務所へお任せ

多くの社員を抱える企業でも少人数の中小企業でも同じなのですが、業績を上げながら徐々に企業として発展していかなければなりません。

しかし、内外からの様々な問題によって時に企業が企業として成長できないという事態に陥ってしまうことがあります。

まずは、探偵事務所や興信所によくある企業様からのご依頼内容をまとめてみましたので参考までにご覧下さい。

企業様からの調査依頼例
  1. 社員の就業中の行動調査
  2. 社員の横領に関する調査
  3. 社員の背任に関する調査
  4. 役員の横領に関する調査
  5. 役員の背任に関する調査
  6. 社内の機密情報漏えいに関する調査
  7. 社外からの嫌がらせに関する調査
  8. 退職予定の社員に対する調査
  9. 法人役員に対する調査
  10. 役員の雇用に関する調査
  11. 社内の盗聴器発見調査
  12. 社内の盗撮器発見調査
  13. 役員自宅の盗聴器発見調査
  14. 役員自宅の盗撮器発見調査
  15. 社員自宅の盗聴器発見調査
  16. 社員自宅の盗撮器発見調査
  17. 社用車の盗聴器発見調査
  18. 社用車の盗撮器発見調査
  19. 社用車のGPS発信器発見調査
  20. 裁判に関する証拠収集調査
  21. 裁判資料作成に関する調査
  22. 悪質なクレーマーに対する調査
  23. 中傷に関する調査
  24. 業務妨害行為に関する調査
  25. 同業他社に対する調査
探偵L

大きく分けてご紹介しただけでも、探偵事務所や興信所ではこれだけ様々な調査のご依頼があるという事なんです。

業績が下降している時には必ず問題がある

会社の業績が下降気味な時に確認した方が良いもの

会社内で業績悪化につながるこんな事はありませんか?

各種調査をご検討した方がよい例
  1. 会社の業績が伸び悩んでいる。
  2. 前年度の業績を超えられない。
  3. トップシークレットとなる機密情報が漏れていた。
  4. 会社内で現金や物品が紛失する。
  5. 盗聴されているような気がする。
  6. 盗撮されているような気がする。
探偵L

現在、これらの問題が発生している企業様は会社内外に何らかの問題があるものと判断されます。

そんな状況になっている時こそ探偵事務所や興信所の出番なんです。
ラブ探偵事務所では、探偵調査員として全力で御社にご協力をさせて頂きます。

あなたの会社の「特命を請け負う」のが探偵業としての任務です。

問題を解決しないと追い詰められる

業績悪化の問題を解決しないと追い詰められる

業績が悪化する要因を特定して対策しなければ、企業の未来が変わってしまう可能性すらあるんです。

人に例えるならば、大きな怪我をしても病院には通院せずに完治を待つようなもの。ある程度は自然治癒が出来たとしても、怪我の後遺症が残ってしまってはその後にも支障が出てしまいます。

その様な状態にならない為にも、早期に会社の業績を下げている問題を特定し、解決する事が必要となります。

問題解決は時間との勝負
  1. 業績が上がらない問題を特定する。
  2. 問題に対しての調査を行って改善策を見出す。
  3. 問題に対する改善策を適用する。
探偵L

会社の業績を下げている問題を特定する際の調査で探偵業としてご協力させて頂きます。

企業調査で特に多いのは営業をしない営業職

企業調査で特に多いのは営業をしない営業職

企業の業績の下降や悪化という問題に直結している職種が、会社内あるのですがご存知でしょうか。

それは、常に新たな仕事を生み出していかなければならない営業という職種なんです。
この営業職が活発な企業と活発でない企業では、成長力や業績など全てにおいて勢いは異なります。

そして、近年では企業から探偵事務所や興信所へ調査のご依頼を頂く中で、特に多いのが下記の様な調査なんです。

企業様から多い調査依頼
  1. 仕事をしていない可能性のある社員の調査をしたい。
  2. 特定社員が営業活動をしているのか確認したい。
  3. 特定社員の出社から退社まで就業時間内の行動を知りたい。

1人でも営業活動をしていない社員がいるという事は、真面目に業務に取り組む社員はどうなるのでしょうか。

そして企業としても、営業活動をしていない社員に毎月給料を支払っている訳ですから、積み重なれば大きな損失となるでしょう。

真面目に業務に取り組む社員が売り上げた利益を、これからも営業活動をしていない社員に渡していく事はお金を捨てているのと同様なんです。

少数精鋭でも勢いのある企業になるため

少数精鋭でも勢いのある企業になるため探偵に相談

法人企業や個人企業の調査経験が豊富な探偵調査員が、あらゆる問題に対して鋭意調査を行います。

探偵事務所や興信所の様な探偵業が、第二・第三の社員として企業様の「特命業務」を遂行する事によって早期解決が望めるケースは非常に多いんです。

探偵L

もしも、「困ったな」「社員には知らせたくないな」と思われる問題が発生した時には、ラブ探偵事務所へお気軽にご相談下さい。

法人様関連Index

企業の信用調査
ラブ探偵事務所TOP

他社の調査プランを無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所が勧める探偵業としての「セカンドオピニオン」は、経験豊富な現役相談員が他の探偵事務所・興信所でのお見積り内容を本当に適正なのか判断するための無料診断サービスです。

ラブ探偵

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「セカンドオピニオン」をご利用下さい。

電話で無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

メールで無料相談