探偵事務所や興信所の信頼度と調査力を判断

探偵事務所や興信所の信頼度と調査力も判断材料

探偵事務所や興信所選びの際は、調査料金以外にも信頼度や調査力などが重要な要素となってきます。
ここでは探偵事務所や興信所の信頼度を判断する方法をご紹介していきたいと思います。

探偵事務所や興信所の信頼度を判断

ラブ探偵が教える探偵事務所の信頼度を判断する基準

探偵事務所や興信所の信頼度を判断する基準としては、一般の企業と同様に下記の様な項目で判断する事が出来ます。

問い合わせ前に信頼度を判断

ホームページの内容は解りやすいか

社名はしっかり掲載されているか

問い合わせ先の電話はフリーダイヤルか

無料の相談フォームが設置されているか

会社概要に探偵業届出番号は掲載されているか

会社概要に代表者は掲載されているか

会社概要に沿革は掲載されているか

探偵事務所や興信所のホームページでの判断には制限がありますが、どんな業界の企業でも必ず掲載されているであろう項目を確認しましょう。
これらの項目が1つでも欠けている場合には、その探偵事務所や興信所の調査スキルが判断出来る基準が掲載されていないという事になるので相談は見送った方がよいです。

問い合わせ時に信頼度を判断

最初に問い合わせた際に社名を名乗るか

電話での対応はしっかりとしているか

質問した内容に関して的確なアドバイスがあるのか

相談内容に関して的確なご提案があるのか

相談内容に対しての調査方法は納得出来る内容か

探偵事務所や興信所などへ電話で問い合わせた際、電話に出た担当者は探偵相談員との面談へつなげるのが仕事となる調査経験の無いアポインターである場合が非常に多く、何かにつけて面談を勧めてくる事が多いので注意が必要です。

電話のみで面談へつなげるだけのアポインターと、本物の探偵を見分ける事は困難となる場合も推察されますので、そんな時には探偵調査に関する専門的な質問をしてみましょう。
それらの質問に、迅速かつ的確なアドバイスやご提案が出来ない場合には、その探偵事務所や興信所の調査スキルの無いアポインターがいい加減な事を言って面談予約を取っているという可能性が高いので相談は見送った方がよいです。

面談訪問時に信頼度を判断

面談室は清潔になっているか

探偵業届出証明書を見やすい場所に掲示されているか

探偵相談員との面談での対応はどうか

調査料金に関して誰でも理解できる内容か

調査方法に関して誰でも理解できる内容か

契約書類などに不備は無いか

契約書類に関して誰でも理解できる内容か

まずは、面談室が清潔かと探偵業届出証明書は必須項目なので必ず確認しましょう。
その後、探偵相談員の対応・調査料金・調査方法・契約書類など順に判断していくのですが、ここにも電話相談時のアポインターと同様に調査経験の無い素人相談員が存在するんです。

勿論、その様な素人相談員に調査経験や、探偵としての知識やスキルなどは全くありませんので、探偵として調査現場に出た経験の無い素人が、ベテラン探偵を装っていい加減なアドバイスをしたり、適当で高額な調査プランを見積もっているという事になるので、相談時に下記の様な状況で素人相談員かもと思った場合には調査依頼は見送った方がよいです。

経緯や状況などを聞く時間が短い

調査方法などを提案する時間が短い

相談時間のほとんどで調査料金の話しかしない

各種調査に使用する機材について誤魔化された

各種調査に使用する機材について的確な答えを貰えない

質問した内容に関しての的確なアドバイスが無い

調査内容に関しての詳細なご提案などが無い

もしも、その様な素人相談員に言いくるめられて調査依頼をしてしまうと、探偵選びに失敗して高額な調査料金を支払うという結果となってしまいますでしっかりとした目で本物の探偵相談員か偽物の素人相談員かを見極めなければなりません。

探偵事務所や興信所の調査力を判断

ラブ探偵が教える探偵事務所の調査力を判断する基準

しかし、探偵業界を知らない一般の人はここで下記の様な問題が発生してくるんです。

探偵事務所や興信所の調査力をどう判断するか?

各種調査を依頼する前に調査力を判断するのは、探偵業界を知らない一般の人には非常に厳しいですよね。
でも、安心して下さい。探偵業界を知らない一般の人でも簡単に調査力を判断出来る方法をご紹介します。

問い合わせ前に調査力を判断

探偵事務所や興信所のホームパージで調査報告書のサンプルを確認

探偵事務所や興信所のホームページでの判断には制限がありますので、まずは調査報告書のサンプルを確認しましょう。
この調査報告書サンプルが掲載されていない場合には、その探偵事務所や興信所の調査スキルが判断出来る基準が掲載されていないという事になるので相談は見送った方がよいです。

面談訪問時に調査力を判断

調査報告書のサンプルを目視で確認

各種調査に使用する機材などについて確認

質問した内容に関して的確なアドバイスがあるのかを確認

相談内容に関して的確なご提案があるのかを確認

相談内容に対しての調査方法は納得出来る内容かを確認

まずは、ホームページ同様に調査報告書のサンプルは必須項目なので必ず確認しましょう。
この調査報告書サンプルが無い場合には、その探偵事務所や興信所の調査スキルを判断する最低限の基準が無いという事になるので調査依頼は見送った方がよいです。
また、下記の様な場合には探偵相談員の調査に対する知識が無い場合が多いので調査依頼は見送った方がよいです。

各種調査に使用する機材について誤魔化された

各種調査に使用する機材について的確な答えを貰えない

質問した内容に関しての的確なアドバイスが無い

調査内容に関しての詳細なご提案などが無い

そもそも探偵相談員という仕事は、全てのご相談内容に関して長年の調査員としての経験を活かして様々な調査項目を瞬時にご提案出来なければなりません。

しかし、近年では「探偵相談員はご依頼者様と直接会って契約書を交わすまでが仕事」としている素人相談員が面談する探偵事務所や興信所が急増しているので注意が必要です。

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談


他社の調査料金のお見積りが適正なのか無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所が勧める探偵業としての「セカンドオピニオン」は、経験豊富な現役相談員が他の探偵事務所・興信所でのお見積り内容を本当に適正なのか判断するための無料診断サービスです。

ラブ探偵ラブ探偵

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「セカンドオピニオン」をご利用下さい。