ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査と証拠サンプル

パートナーに浮気や不倫の疑いがある場合、決定的な浮気や不倫の証拠が無いまま問い詰めても嘘を言われてとぼけられてしまうか、逆ギレされてしまうなどで本当の話し合いができない確率は非常に高いです。

嘘の言い訳であれば、後付けでいくらでも加える事が出来る

そして、隠し続けていた浮気や不倫があなたに気付かれたので、パートナーや浮気相手の警戒心はMAXとなってしまうでしょうし、パートナーと浮気相手は絆を深めて証拠隠滅などを行う可能性すらあります。
また、決定的な浮気や不倫の証拠が無い状況でパートナーを問い詰めたり、浮気相手に対して慰謝料請求をしても、浮気相手がパートナーとの不貞関係を一切認めない場合などは慰謝料請求する事すら難しくなってしまう可能性もあります。

やはり第三者となる親族・弁護士・裁判官などの誰もが不貞関係を認める決定的な浮気や不倫の証拠が必要となります。

ここで重要なポイントとなる決定的な浮気や不倫の証拠とは下記のようなものです。

パートナーと浮気相手がラブホテルに出入りしている写真や動画

パートナーが浮気相手の自宅に出入りしている写真や動画

これら決定的な浮気や不倫の証拠を残しておく事によって、後々あなたの味方となってくれる事は間違いないでしょう。
しかし、パートナーに浮気や不倫を問い詰めて認めないので探偵事務所や興信所に浮気調査や不倫調査を依頼する場合、警戒心も高くなり、行動パターンに変化も出てくる可能性もありますので、出来れば問い詰める前の無警戒な状態で浮気調査や不倫調査を依頼するという事も必要な手段です。

浮気調査や不倫調査の証拠画像サンプル

ここでは浮気調査や不倫調査を依頼した時に、探偵調査員が撮影する浮気や不倫の証拠画像のサンプルをご紹介致します。
ラブ探偵事務所のベテラン調査員なら浮気や不倫の決定的な証拠を撮影して、ご依頼者様にご報告出来ます。

探偵N探偵N

ご依頼者様の唯一の味方である探偵事務所・興信所として、今後少しでも有利になる様な浮気や不倫の証拠撮影を心掛けていますのでご安心下さい。

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル1

サンプル画像1

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル2

サンプル画像2

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル3

サンプル画像3

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル4

サンプル画像4

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル5

サンプル画像5

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル6

サンプル画像6

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル7

サンプル画像7

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル8

サンプル画像8

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル9

サンプル画像9

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル11

サンプル画像10

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル12

サンプル画像11

ラブ探偵事務所の浮気調査や不倫調査の証拠サンプル13

サンプル画像12

探偵N探偵N

もしも、こんな決定的な浮気や不倫の証拠があったとしたら、パートナーや浮気相手は不貞関係を認めるしかないでしょうし、嘘の無い本当の話し合いも可能になるのではないでしょうか。

浮気調査や不倫調査のワンポイント

ラブ探偵事務所が教える浮気調査や不倫調査の継続証拠

パートナーの浮気や不倫を立証する場合、浮気相手と継続して不貞関係(浮気・不倫)にあるという事実が認められる決定的な証拠があった方が強いです。
では、継続している不貞関係の証拠とは、どんなものなのかをお伝えしたいと思います。

探偵N探偵N

まずは婚姻期間と浮気調査や不倫調査を行った期間をまとめた下記の図をご覧下さい。

ラブ探偵事務所が教える婚姻期間と浮気調査の期間

例として挙げると、〇〇年の婚姻生活の中で探偵事務所や興信所が浮気調査や不倫調査を行う期間とは上記図の様にこの位短い時間です。
この浮気調査や不倫調査期間中に、ご依頼者様の状況に合わせながら1回のみの浮気や不倫の証拠ではなく、パートナーと浮気相手が定期的・継続的に不貞関係にあった事実を立証していきます。

何故、この継続性を立証した方が良いのかはパートナーや浮気相手に下記の様な事を言われないためなんです。

その日は会ったけど、他の日には会っていない。

浮気相手を守る

浮気相手を擁護、過失を下げるために言い訳している。

出会い系サイトで知り合って、その日は初めて会ったからどこの誰かも分からない。

浮気相手を守る

完全に浮気相手を擁護、迷惑が及ばない様にしている。

具合が悪かったからホテルに入って休んでいただけで、不貞関係ではない。

浮気相手を守る

パートナーも浮気相手も悪い事はしていないと正当化している。

婚姻期間の内の短期間を切り取ったの浮気調査や不倫調査の中で、複数回の浮気や不倫を立証しているのですから下記の様な状況となります。

浮気調査や不倫調査を依頼する前から不貞関係にあった

パートナーと浮気相手は1回のみの不貞関係ではない

パートナーと浮気相手は定期的・継続的な不貞関係にある

パートナーと浮気相手は連絡を取り合っている

浮気調査や不倫調査が終了した後もパートナーと浮気相手は不貞関係にある

探偵N探偵N

パートナーが開き直ったり、浮気相手を擁護したりする場合、浮気や不倫を立証するには1回のみの証拠ではなく、継続性を立証する証拠が必要なんです。
しかも、継続性があれば言い逃れは出来ませんよね。

もしも、パートナーに浮気や不倫の疑惑があったり、行動が怪しい場合は、決定的な証拠を掴んだ上で本当の意味での嘘の無い話し合いをお勧めします。

ラブ探偵事務所では、経験豊富なベテラン探偵調査員がご依頼者様の浮気調査や不倫調査で動きますので安心感が違います。

ラブ探偵Nラブ探偵N

浮気調査や不倫調査についてのご相談やご依頼は、無料相談室よりお問い合わせください。

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

他社の調査料金のお見積りが適正なのか無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所が勧める探偵業としての「セカンドオピニオン」は、経験豊富な現役相談員が他の探偵事務所・興信所でのお見積り内容を本当に適正なのか判断するための無料診断サービスです。

ラブ探偵ラブ探偵

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「セカンドオピニオン」をご利用下さい。