千葉県のラブ探偵事務所が教える裁判資料の浮気証拠

ラブ探偵事務所の現役探偵「エル」です。
今回「探偵エルのひとり言」ブログでは、探偵事務所や興信所などの探偵業者に浮気調査・素行調査などを依頼する前の問題点で「裁判資料として浮気の証拠を残したいけど、どんなものがいいの?」という質問がありましたのでお答えしていこうと思います。
いつものごとく探偵目線で考えながら、少しだけ掘り下げてお伝えしていきます。

初めて相談や依頼をする現実の探偵事務所や興信所という未知の会社がどの様なものなのか事前に知って頂こうという思いで書いています。
探偵事務所や興信所への相談前に少しだけお役に立てれば幸いです。

Blog

ブログランキングにも参加しています。こちらのポチが励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ PVアクセスランキング にほんブログ村 探偵・調査ランキング

公式Instagramで紹介

千葉県松戸市のラブ探偵事務所公式Instagram

Blog

この質問は公式Instagramでもこんな感じでご紹介しています。

一般的な浮気・不貞の証拠

千葉県のラブ探偵事務所が教える一般的な浮気の証拠

「浮気・不貞の証拠」とは浮気・不倫をしている可能性があると判断できる行動や状況をしめす証拠のことですが、話し合いなどの協議で使用される「一般的な浮気の証拠」と裁判・調停などで使用される「法的な浮気の証拠」には若干の違いがあるのはご存じでしょうか。

ここからは交際相手ではなく、婚姻・内縁関係などで調停や裁判などの法的に使用される「浮気・不貞の証拠」について考えていきましょう。
まず一般的に「浮気・不貞の証拠」として考えられているものには以下のようなものが挙げられるので、各項目別の証拠能力の高さと共に確認してみたいと思います。

一般的な浮気・不貞の証拠

項目・証拠能力
  1. 通話記録 証拠能力×
    浮気相手と頻繁に通話していたことが分かる通話記録
  2. メール・SNSなどのメッセージ記録 証拠能力×
    浮気相手と頻繁にメッセージしていたことが分かる記録・履歴
  3. 行動パターンの変化 証拠能力×
    日常的な行動・スケジュールなどに見られる急な変化
  4. 不自然な振る舞い 証拠能力×
    嘘をついたり、避けたりする態度や言動
  5. 目撃情報 証拠能力×
    浮気相手と密会している浮気現場の目撃情報など
  6. 外で密会する証拠 証拠能力×
    浮気相手と外で密会している写真・動画など

探偵の撮影する浮気・不貞の証拠

項目・証拠能力
  1. ホテルの出入りなど不貞関係にある証拠 証拠能力◎
    ホテル・浮気相手の自宅などへ出入りする写真・動画など

まず「一般的な浮気・不貞の証拠」と「探偵の撮影する浮気・不貞の証拠」を比較した上記の一覧表でも一目瞭然ですが、「一般的な浮気・不貞の証拠」はすべてが×という非常に厳しい結果となっています。
そして浮気調査などで撮影する「探偵の撮影する浮気・不貞の証拠」では◎と確実に浮気・不貞関係にある証拠として認められていることが理解できると思います。

Blog

法的な「浮気・不貞の証拠」として考えると、一般的な浮気の証拠のみでは証拠能力に欠ける部分があるのです。それにはしっかりとした理由があるので次から解説していきますね。

浮気証拠で厳しい判定となる理由

ラブ探偵事務所が教える浮気証拠で厳しい判定となる理由

「一般的な浮気・不貞の証拠」についてはすべての項目で非常に厳しい結果となっていますが、法的に考えるとこのくらいシビアになってくるんですね。
その理由としては、「探偵の撮影する浮気・不貞の証拠」以外の「一般的な浮気・不貞の証拠」では浮気・不倫をされた被害者が『パートナーは浮気・不倫をしているだろう』と確証もないまま憶測で考えただけにすぎず、決定的に浮気・不倫を決定的に裏付ける行動や状況をしめす証拠ではないからです。

Blog

「浮気・不貞の証拠」については下記記事『ラブホテルに入るだけでも浮気の証拠になるの?』も参考になりますので読んでみてください。

決定的な浮気・不貞の証拠としては、「誰が関わってもパートナーと浮気相手が不貞関係にあると判断できる物的証拠」でなければならないという一定の条件が課せられます。
浮気調査のプロフェッショナルである探偵業者が撮影した「ホテルの出入りなど不貞関係にある証拠」は一定の条件を満たしているため、浮気・不倫の証拠として採用されるのです。
言い方を変えるならば、「誰が関わってもパートナーと浮気相手が不貞関係にあると判断できる物的証拠」という条件を満たしていない項目については、浮気・不倫をしている当事者を問いただした時に言い逃れができてしまうので黒かもしれないがグレーゾーンに過ぎないという結論となります。

それではグレーゾーンとなる浮気・不貞の証拠ではどんな言い逃れができてしまうのでしょうか。
ここからは「浮気・不貞の証拠」別に考えられる言い訳について例を挙げながらご紹介していきたいと思います。

一般的な浮気・不貞の言い訳とは

項目・証拠能力
  1. 通話記録 証拠能力×
    「相談にのっていただけ」「仕事の話をしていただけ」などの言い訳をされ、証拠としては決定的ではない
  2. メール・SNSなどのメッセージ記録 証拠能力×
    「言葉遊びをしていた」「疑似恋愛ごっこ」をしていたなどの言い訳をされ、証拠としては決定的ではない
  3. 行動パターンの変化 証拠能力×
    「会社に行っていた」「漫画喫茶に行っていた」「車で寝ていた」などの言い訳をされ、証拠としては決定的ではない
  4. 不自然な振る舞い 証拠能力×
    嘘をついたり、避けたりする態度や言動があっても証拠としては決定的ではない
  5. 目撃情報 証拠能力×
    「相談にのっていただけ」「そんな所には行ってない」などの言い訳をされ、証拠としては決定的ではない
  6. 外で密会する証拠 証拠能力△
    「相談にのっていただけ」「仕事の話をしていただけ」などの言い訳をされ、証拠としては決定的ではない

探偵業者が撮影した浮気・不貞の証拠

項目・証拠能力
  1. ホテルの出入りなど不貞関係にある証拠 証拠能力◎
    探偵業者が撮影したホテル・自宅などへ出入りする写真・動画は、あらゆる言い逃れは通じず、証拠として決定的なのものです

まず浮気調査などで撮影する「探偵業者が撮影した浮気・不貞の証拠」であれば、法的な浮気の証拠としても十分なのであらゆる言い逃れは通じないということが分かってもらえたでしょうか。

しかしそれ以外のすべての項目では間接的な証拠となっているため後付けで言い逃れができてしまいます。
結果としては決定的な浮気・不貞の証拠ではなく、浮気・不貞の疑惑にしか過ぎないグレーゾーンとなってしまうので証拠としては不十分という判断になります。

Blog

「探偵が撮影した浮気・不貞の証拠」については下記記事『調査報告書は裁判資料になる?』も参考になりますので読んでみてください。

法的な浮気の証拠

千葉県松戸のラブ探偵事務所が教える法的な浮気の証拠

実は法的な浮気・不貞の証拠に共通するものとは、ビジネスシーンでもよく使われている「5W1H」なんですね。
皆さんもこの「5W1H」という言葉を1度は聞いたことはがあるのではないでしょうか。

この「5W1H」がビジネスシーンで必要とされているのは、その時の状況や物事を的確に相手側に伝えられるという理由からです。
具体的な情報を相手側にわかりやすく伝えることによって、その後の無駄なやり取りなどを減らすことができるのです。

この「5W1H」を浮気調査で浮気・不貞などの証拠を収集したり素行調査で行動を明確にしたりする探偵調査員版に置き換えて簡単にお伝えすると、下記のような意味となります。

探偵の5W1Hとは
  1. 「When」 いつ
    時間を意味する項目なので、浮気調査・素行調査などでは撮影日時が該当します。
  2. 「Where」 どこで
    場所を意味する項目ので、浮気調査・素行調査などでは調査対象者の立ち寄り先や浮気相手との密会場所などが該当します。
  3. 「Who」 誰が
    人物・企業などを意味する項目なので、浮気調査・素行調査などでは調査対象者が該当します。
  4. 「What」 何を
    具体的な情報を意味する項目なので、浮気調査・素行調査などでは調査対象者や浮気相手の状況や詳細などが該当します。
  5. 「Why」 なぜ
    そこに至った理由などを意味する項目なので、浮気調査・素行調査などでは行動経過などが該当します。
  6. 「How」 どのように
    手段を意味する項目なので、浮気調査・素行調査などでは調査手法・撮影方法などが該当します。

この5つのWと1つのHで構成されたコミュニケーションツールである「5W1H」は、探偵事務所や興信所などの探偵業者が浮気調査素行調査などで作成する調査報告書にも応用されています。
その結果、探偵が撮影する「浮気・不貞の証拠」「行動の決定的証拠」には信頼性や厚みができるのです。

Blog

余談ですが、調査報告書のクオリティーが低い探偵業者もまだまだ多いのは事実です。「浮気・不貞の証拠」として調査対象者と浮気相手の関係性を立証できない調査報告書では元も子もありません。探偵調査だからこその信頼性がある確実な証拠としっかりとした説明で厚みを持たせなければならないと思っています。

しかし一般の方は探偵業者と同じクオリティーの「浮気・不貞の証拠」を収集するにはちょっとハードルが高いと思います。
そんな時にの浮気・不貞の証拠としては、必ず「5W1H」でなくても構いませんので可能な範囲で下記のように「4W」だけは満たした方が良いでしょう。

最低限の浮気証拠4W
  1. 「When」 いつ
    〇〇〇〇年〇〇月〇〇日 〇〇時〇〇分などの明確な日時情報
  2. 「Where」 どこで
    密会場所・待ち合わせ場所などの的確な情報
  3. 「Who and who」 誰と誰が
    調査対象者と浮気相手を特定できる情報
  4. 「What」 何をした
    調査対象者と浮気相手が何をしていたのかという情報
Blog

「たかが4Wじゃないか」と思うかもしれませんが、後付けの言い訳をされないためにもこの「4W」だけは覚えて欲しいです。浮気・不貞の証拠収集には非常に重要な項目なんですよ。

裁判資料の浮気証拠まとめ

千葉県のラブ探偵事務所がまとめる裁判資料の浮気証拠

今回は探偵事務所や興信所などの探偵業者に浮気調査・素行調査などを依頼する前の問題点で「裁判資料として浮気の証拠を残したいけど、どんなものがいいの?」という質問についてかなり掘り下げた形で分かりやすくお答えしてみました。
ここまで読んでもらえたので、話し合いなどの協議で使用される「一般的な浮気・不貞の証拠」と裁判・調停などで使用される「法的な浮気・不貞の証拠」の違いについては少しだけ理解いただけたのではないでしょうか。

車の運転もそうですが、浮気・不貞の証拠についても「浮気しているだろう」という推測の域を出ない『だろう証拠』では重要な話し合いなどの場で後付けの言い訳をされて真実がうやむやになり、せっかくの集めた証拠の意味がなくなってしまうのも事実です。

あと覚えてて欲しいのは、曖昧な『だろう証拠』のみでパートナーとの話し合いをすることによって浮気・不貞を立証できずに警戒心のみを上げてしまうことにも繋がるということです。
『だろう証拠』を見せつけられたパートナーはどのような証拠なのかを知ったうえで後付けの言い訳をしてきます。
後付けの言い訳という嘘は尾びれが付いていくらでもアレンジが可能だということを覚えておいてください。

Blog

「浮気しているかも?」と思った時にはラブ探偵事務所が監修した『浮気度・不倫度チェック』を参照してみてください。

嘘の無い本当の話し合いをするためには、『だろう証拠』ではなく、『決定的な証拠』の収集が必要不可欠です。
ラブ探偵事務所ではパートナーと嘘の無い話し合いをするための材料として使える「決定的な浮気・不貞の証拠収集」を集め続け、多数の浮気問題を解決に導いてきた実績がありますので、もしも浮気・不貞の証拠収集に困った時にはお気軽にご相談ください。

Blog

浮気の証拠収集について探偵エルにご相談頂ければ無料でアドバイスさせて頂きますので、お気軽に下記の無料相談室よりお問い合わせください。

各種無料相談

ラブ探偵事務所は親切で丁寧な現役探偵が無料相談対応

電話で無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

LINEで無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所へLINEで無料相談

メールで無料相談

探偵エルProfile

千葉県のラブ探偵事務所ブログ探偵エルのひとり言

探偵L(通称)
探偵歴20年以上の雑学探偵

調査経験と知識が豊富でオールマイティーな探偵スキルを備える。義理人情に厚く、正義感が強い。

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ PVアクセスランキング にほんブログ村 探偵・調査ランキング