2014年上半期の虐待通告が過去最多に

過去のDV(ドメスティックバイオレンス)関連のニュースを抜粋してご紹介します。

2014年9月25日

2014年上半期の虐待通告が過去最多に

全国の警察が2014年上半期(1~6月)に、児童虐待を受けているとして児童相談所に通告した18歳未満の人数が13,037人に上り、過去最多だったことが9月25日、警察庁のまとめで分かったという。

2013年同期比からは29・6%増えており、通告された子どもの数は統計を取り始めた2004年から増加傾向にある。
児童虐待の統計は下記のようになっている。

「身体的虐待」・・・3,471人
(2013年同期比20・1%増)
「育児放棄(ネグレクト)」・・・1,715人
(2013年同期比18・8%増)
「性的虐待」・・・83人
(2013年同期比48・2%増)

また、「心理的虐待」の増加数は多く、2013年同期より2,098人(2013年同期比37%増)増え、7,768人に上っている。
この「心理的虐待」中でも総数を押し上げた要因として近年特に増えているのが、子どもの前で親が配偶者に暴力を振るう「面前DV」で、5,116人(2013年同期比48・2%増)にも上っているというのだ。

「面前DV」は、2013年同期より1,312人増えており、人数を集計し始めた2012年以降、統計を取るごとに増えてきているため、深刻な問題になっている。

他社の探偵調査を無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所がお勧めする探偵業としての「セカンドオピニオン」とは、各種調査の経験が豊富な現役ベテラン探偵調査員が他社の探偵事務所・興信所での調査プラン・お見積り内容が本当に適正なのか判断する無料診断サービスです。

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「探偵業センドオピニオン」をご利用下さい。

ラブ探偵

「探偵業センドオピニオン」につきましては、下記無料相談室よりお気軽にお問合せ下さい。


各種無料相談相談

電話で無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

LINEで無料相談

千葉県のラブ探偵事務所へLINEで無料相談

メールで無料相談