盗撮器発見調査で実績がある千葉県のラブ探偵事務所

近年、毎日のように全国各地で発生し、ニュースとして報道されている盗撮という悪質な行為。

多くの女性達が盗撮のターゲットとして狙われているのは皆さんもご存知でしょう。
しかし、盗撮カメラが存在している現代社会ではこの盗撮という行為は、外出時にだけ注意すればよいというものではないんです。

盗聴器同様、盗撮器が一般のご家庭や企業内などに取り付けられているケースは近年急増傾向にあります。
また、アパートやマンションに1人暮らしをしいる女性に対し、彼氏や元彼さらにはストーカーなどが勝手に取り付けていくという事例もありますし、ホテルや職場などから公衆浴場やプール、フィットネスクラブに至るまで比較的身近な場所で盗撮は行われています。

それらの問題に対し、盗撮器発見調査で多数の実績があるラブ探偵事務所が、最新鋭の発見機材で盗撮器を捜索して確実に発見します。

ラブ探偵Mラブ探偵M

自宅・会社・外出先などで、最近こんな事が心配になりませんか?


男性C男性C

いつも誰かに監視されているような気がするんだ。


女性J女性J

会社帰りにストーカー行為や付きまといの被害に遭っているの。


男性M男性M

社内の機密情報を第三者が知っていたんだよ。


女性F女性F

最近、自宅の近くで不審な人や車を見かけるの。


男性D男性D

社内で電話中に雑音やノイズが入るんだ。


女性M女性M

最近引越しをしてきたの。


男性G男性G

先日空き巣に入られたんだ。


ラブ探偵Mラブ探偵M

盗撮電波という目に見えない物だから、余計に不安ですよね。
そんな時こそ、ラブ探偵事務所の盗撮器発見調査をお勧めします。

盗撮行為の現状

千葉県松戸市のラブ探偵事務所が教える盗撮行為の現状

まさか盗撮なんて自分達には全然関係無いと思われている方が、大勢いらっしゃると思いますがそれは大きな間違いなんです。
ここからはラブ探偵事務所が盗撮という悪質な行為の現状について解説していきす。

盗撮器や盗撮機材の名称

ラブ探偵事務所が教える盗撮器や盗撮機材の名称

盗撮と聞くとピンホールレンズが付いた小型の盗撮カメラなどの機器を連想する方は多いのではないでしょうか。

しかし、基本的には盗撮器という機器は存在していないんです。
では何故、盗撮器という言葉が一般的になっているのかという疑問も出てきますよね。

回答としては、市販されているワイヤレスカメラ・CCDカメラ・動体検知カメラ・タイムラプスレコーダーなどの録画機能を備えた機材や機器などが盗撮行為に悪用される事が多く、それら全てを含んでの総称が盗撮器と呼ばれる様になっているんです。

また、テレビ番組などでよくご覧になる様な超小型の盗撮機器も正式には小型ワイヤレスカメラや小型CCDカメラという名称であり、盗撮器という名称ではないんですね。

探偵M探偵M

盗撮器という言葉は、盗撮行為に利用される様々な機材を含んだ総称だったんです。

盗撮器や盗撮機材の過去と現在

千葉県のラブ探偵事務所が教える盗撮機材の小型化

誰もがカメラ付きのスマートフォンや携帯電話を1台は当たり前に持っている時代となり、行った先々の風景や知人との様子を撮影する事が出来る様になりました。

しかし、裏を返すと誰もがカメラ付きのスマートフォンや携帯電話でいつでもどこでも盗撮が出来る時代になったという事なんです。

スマートフォンを例に挙げてみましたが、この様な高性能のレンズを搭載した盗撮カメラなどが戸建・アパート・マンション・ホテル・職場などから公衆浴場・プール・フィットネスクラブに至るまで比較的身近な場所に取り付けられているのが現状です。
近年の電化製品の向上に伴い、盗撮カメラや盗撮機材も下記の様に日々進化しています。

【過去】盗撮にはある程度大きいレンズが必要だった

小型に進化

【現在】盗撮機材・盗撮カメラやレンズの小型化が主流

【過去】充電タイプでも数時間しか撮影出来ない盗撮機材・盗撮カメラ

設置・回収のみでリスクが減少

【現在】通電している場所に取り付ける盗撮機材・盗撮カメラなので交換が不要

【過去】明らかに盗撮機材と判別出来る盗撮機材・盗撮カメラ

偽装タイプへ変化

【現在】一見では盗撮器と判明しない盗撮機材・盗撮カメラが主流

【過去】盗撮機材・盗撮カメラは限られた場所での取り付け

取り付け場所が巧妙化

【現在】盗撮機材・盗撮カメラの取り付けは通電している電化製品は全てが対象

盗撮機材や盗撮カメラなどは、撮影したリアルタイムな映像をその機材に録画するタイプの盗撮機材や盗撮カメラと、電波で送信するタイプの盗撮機材や盗撮カメラの2種類となります。
そして、屋内や室内にある盗撮カメラの大半は、時計・テレビ・エアコンなどの電化製品の内部などへ巧妙に仕掛けられている事も多いんです。

また、電池を使用しないバッテリー式の盗撮カメラなどでは、車のキーレス・眼鏡・腕時計などの体に身に付けるタイプの偽装盗撮カメラが主流となっています。
これらの盗撮機材や盗撮器はインターネットなどでもスパイカメラなどと称して気軽に販売されており、販売個数は年間数十万台以上とも言われ、盗撮というジャンルの犯罪が盗聴を超えて年々急増しています。

探偵M探偵M

これら2種類の盗撮機材や盗撮カメラは用途に応じて違法に設置される事が多いんです。
また盗撮機材の小型化や巧妙化が進んでいるという事は、盗撮行為が発見される可能性も低くなっているという事なんです。

盗撮行為に悪用される電波の過去と現在

千葉県のラブ探偵事務所が教える盗撮電波の過去と現在

主流となる盗撮機材や盗撮器などは収集したリアルタイムな映像を電波で送信する機材です。
この盗撮電波を受信するのには、電波の飛ぶ距離と周波数帯が非常に重要な要素となります。

近年、これらリアルタイムな映像を電波で送信するタイプの盗撮機材・盗撮カメラが発する電波の距離も飛躍的に延びており、盗撮周波数帯も増加傾向にあります。

リアルタイムな音声や映像を機材に録画するタイプの盗撮機材・盗撮カメラ

設置・回収が必要

盗撮機材・盗撮カメラを回収してからでないと音声や映像を確認出来ない

リアルタイムな音声や映像を電波で送信するタイプの盗撮機材・盗撮カメラ

設置のみで回収の必要が無い

盗撮機材・盗撮カメラの音声や映像をリアルタイムで受信するので確認が容易になる

盗撮機材や盗撮カメラの中には、盗聴器の様にリアルタイムな音声を映像と同時に電波で送信するものも存在するので、近年では音声と映像を送信できるこれらの盗撮機材や盗撮カメラなどが音声のみを送信する盗聴器よりも急速に普及しているのが現状です。

これらの盗撮機材や盗撮カメラの電波を受信する距離や周波数帯の増加によって、近隣で盗撮する必要が無くなりました。
そして、盗撮という違法行為を犯すという事実が、ターゲットや第三者に発覚するリスクが大幅に減少しました。

今後も盗撮機材や盗撮器が小型化や偽装化などの進化をしていく事によって、年々盗撮という行為の発見率は低くなっていくものと推察されます。

探偵M探偵M

盗撮が発覚するリスクが低くなっているという事は、盗撮行為は増加傾向にあるという事なんです。

盗聴器や盗聴機材の購入

千葉県のラブ探偵事務所が教える盗撮器や盗撮機材の購入

現在、日本で販売されている盗撮機材や盗撮カメラなどを購入する際、身分証明書の確認などはされておらず、名義人などの登録も一切必要ありません。
そして、インターネット上でも偽名や郵便局留めなどで購入できてしまうのです。
この様な現状では、いざご家庭や企業内に盗撮機材や盗撮カメラなどが仕掛けられていても、いつ誰がその盗撮機材や盗撮カメラを購入しているかも特定出来ない可能性すらあります。

専門店で盗撮機材や盗撮器を購入

身分証明書の確認は無い

盗撮が発覚しても個人を特定されにくい

インターネットで盗撮機材や盗撮カメラを購入

偽名・局留め発送

盗聴が発覚しても個人を特定されにくい

盗撮機材や盗撮カメラを購入しても個人を特定されにくいのですから、安易に盗撮機材や盗撮カメラを仕掛ける輩も増加しているのが現実です。
年々発見されない盗撮機材や盗撮カメラが増加していくのですから、個人のプライバシー漏えいなども懸念されます。

探偵M探偵M

盗撮機材や盗撮カメラが増えていくという事は、どんな場所でも盗撮行為は存在するという事なんです。

盗撮を取り締まる法律

千葉県のラブ探偵事務所が教える盗撮を取り締まる法律

数日に1回は盗撮行為によって逮捕されたというニュースが報道されていますが、客観的に盗撮という行為のみを考えると、違法や悪い事というダークなイメージがあります。
しかし、日本には盗撮という悪質な行為をしっかりと取り締まる法律は未だに制定されてはいないのが現状なので、盗撮を罪に問うことが出来ないのです。

盗撮を取り締まる法律が存在しない

盗撮に関わっても罪に問えない

盗撮に関わるもの

盗撮機材・盗撮カメラを販売した店舗・個人

盗撮機材・盗撮カメラを購入した店舗・個人

盗撮機材・盗撮カメラを設置した者

盗撮周波数を受信した者

しかし、盗撮という行為が法律で全く裁かれないという事ではないんです。
現行の法律ではどの様に裁かれる可能性があるのかを挙げてみました。

盗撮する目的でのつきまとい

違法

ストーカー規制法など

盗撮機材・盗撮カメラを設置する目的で侵入

違法

住居不法侵入など

盗撮した映像などで恐喝・脅迫

違法

恐喝など

盗撮される状況によっても違うとは思いますが盗聴という行為を規制する法律が存在しないので、現行の法令で適用されるとすれば、ストーカー規制法・住居不法侵入・恐喝などでしょうし、盗撮した動画で特定の法人や個人に損害を与えた場合などには、民事上の法律で対処するという事になります。

また、盗撮行為は現行の法律ではなく、各都道府県の迷惑防止条例などが卑猥な行為や盗撮行為禁止していますが、盗撮は撮影された人の同意を得ずに隠れて撮影する行為を前提としています。
しかし、この迷惑防止条例では、盗撮の場所や状況などを細かく指定している都道府県が多くあり、単純に盗撮しただけでは迷惑防止条例違反に該当しないという事も考えられますので、全ての盗聴行為を取り締まるのは非常に難しいと考えられます。

現実的には盗撮という悪質な行為は、ご家庭などの個人であればプライバシーを侵害されており、企業などの法人であれば機密情報を漏えいされているので立派な違法行為です。
インターネットなどの普及によって、いとも簡単に盗撮機材や盗撮カメラを購入する事が可能となっている現在、私たちの周囲では常に盗撮といった危険がつきまとっているのです。

ラブ探偵Mラブ探偵M

盗撮器発見調査についてのご相談やご依頼は、無料相談室よりお問い合わせください。

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

他社の調査料金のお見積りが適正なのか無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所が勧める探偵業としての「セカンドオピニオン」は、経験豊富な現役相談員が他の探偵事務所・興信所でのお見積り内容を本当に適正なのか判断するための無料診断サービスです。

ラブ探偵ラブ探偵

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「セカンドオピニオン」をご利用下さい。