女性アスリートの盗撮動画販売で鎌ケ谷市の男を逮捕

過去の盗撮関連のニュースを抜粋してご紹介します。

2021年6月21日 東京新聞

女性アスリートの盗撮動画販売で57歳会社員を逮捕 名誉毀損容疑での摘発は全国初

赤外線カメラで撮影された下着が透けて見える女性アスリートの動画をインターネットで販売し、女性の名誉を傷つけたとして、千葉県警サイバー犯罪対策課と千葉西署は21日、名誉毀損の疑いで、同県市川市福栄2、会社員I容疑者(57)を逮捕した。
県警によると、性的な意図を持って撮影された女性アスリートの盗撮動画のネット販売を巡り、名誉毀損容疑で摘発したのは全国で初めてという。
逮捕容疑では2018年11月20日から今年3月まで、赤外線カメラで撮影され、顔が写り、下着が透けて見える元バレーボール選手の女性=当時(26)=の試合や準備運動の様子をアダルトサイトで販売し、女性の名誉を毀損したとされる。県警によると「間違いない」と容疑を認めている。
サイバーパトロールで発覚した。県警は、石上容疑者が、胸元や下半身など性的部分を強調した動画などを複数のサイトで販売し、15年以降に約600万円を売り上げたとみている。
性的な意図で撮影されたアスリートの動画や画像の拡散は社会問題となっており、日本オリンピック委員会(JOC)などスポーツ関係7団体は昨年11月、これらの「性的ハラスメント」を批判する声明を出し、ネットや会員制交流サイト(SNS)上の投稿について、ホームページで情報提供を求めている。

◆取り締まりの規定なし

盗撮行為については、刑法では取り締まる規定がなく、都道府県ごとの迷惑防止条例を適用している。だが、着衣に覆われた身体や下着を盗撮する行為が対象で、千葉県警によると、公開の場でユニホーム姿のアスリートを撮影する行為自体を直接取り締まることは困難という。
千葉県警は今回、下着が透けて見える動画を不特定多数が閲覧できる状態にして選手の社会的評価を傷つけたとして、名誉毀損容疑での逮捕に踏み切った。県警幹部は「東京五輪の開会式まで約1カ月と迫っており、アスリートが競技に集中できるよう取り締まっていく」と話す。
警視庁は5月、テレビ画像を無断でアダルトサイトに掲載したとして、著作権法違反(公衆送信権侵害)容疑で、京都府内の男を逮捕している。

7月の女性アスリートの競技画像の悪用事件

女性アスリート画像をアダルトサイト転載、「稼げると思った」3人を書類送検

探偵B

赤外線カメラを使用した盗撮行為は昔から存在していますので、皆さんも十分に気を付けてください。

ラブ探偵事務所の盗撮器発見調査

他社の探偵調査を無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所がお勧めする探偵業としての「セカンドオピニオン」とは、各種調査の経験が豊富な現役ベテラン探偵調査員が他社の探偵事務所・興信所での調査プラン・お見積り内容が本当に適正なのか判断する無料診断サービスです。

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「探偵業センドオピニオン」をご利用下さい。

ラブ探偵

「探偵業センドオピニオン」につきましては、下記無料相談室よりお気軽にお問合せ下さい。

各種無料相談相談

電話で無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

LINEで無料相談

千葉県のラブ探偵事務所へLINEで無料相談

メールで無料相談