ストーカー治療でも予防へ警察庁が方針転換

過去のストーカー関連のニュースを抜粋してご紹介します。

2013年5月4日 読売新聞

ストーカー、治療でも予防へ・・・警察庁が方針転換

警察庁は、ストーカー行為を繰り返す加害者に対し、専門機関で治療を受けるよう促していく方針を決めた。
ストーカー規制法に基づいて警告などを与えても嫌がらせが止まらず、凶悪事件にまでエスカレートしたケースもあることから、警告や摘発で被害防止を図る従来の方針を転換する必要があると判断した。今夏にも一部の警察本部で試行したい考えで、効果を検証したうえで全国的な実施を検討する。

「摘発だけで再発防げず」

同庁によると、全国の警察が認知したストーカー被害件数は2013年、19,920件と過去最悪となった。加害者の大半は警告を受けるとストーカー行為をやめるが、その後も繰り返す者もいる。
警察は2012年、警告後もストーカー行為を続けたとして、80件で禁止命令を出したり同法違反容疑で摘発したりした。また、加害者が刑法犯などで摘発された事件は1,504件。この中にも加害者が警告を受けていたケースがあるという。

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

他社の調査料金のお見積りが適正なのか無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所が勧める探偵業としての「セカンドオピニオン」は、経験豊富な現役相談員が他の探偵事務所・興信所でのお見積り内容を本当に適正なのか判断するための無料診断サービスです。

ラブ探偵ラブ探偵

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「セカンドオピニオン」をご利用下さい。