静岡県元交際相手車にGPS取付改正ストーカー規制法

過去のストーカー関連のニュースを抜粋してご紹介します。

2021年12月1日 静岡新聞

元交際相手の車にGPS 改正ストーカー規制法 静岡県内初摘発

衛星利用測位システム(GPS)の発信機を元交際相手の女性の車両に取り付けて位置情報を取得したとして、沼津署は30日、ストーカー規制法違反の疑いで、沼津市の男性会社員(48)を静岡地検沼津支部に書類送致した。GPS機器や居場所が分かるスマートフォンアプリの悪用は、8月に施行された改正ストーカー規制法で禁じられた。県内での摘発は初めて。

送致容疑は9月中旬、無断で元交際相手の40代女性の軽乗用車にGPS発信機を取り付け、9月下旬までの間に位置情報を約90回取得するなどのストーカー行為をした疑い。同署によると容疑を認めている。

同署によると、発信機は縦4,5センチ、横4センチ、厚さ1センチで、車両の底部にマグネットで取り付けられていた。監視していることをほのめかすメッセージを男性から複数回受け取った女性が不審に感じ、発信機を見つけて同署に相談したという。男性はインターネットのサイトで位置情報を閲覧していたとみられる。

2021年11月30日 テレビ静岡

元交際相手の車にGPS発信機 位置情報90回取得か 48歳会社員を書類送検 静岡・沼津市

女性の車にGPS発信器を取りつけか。男を書類送検です。

ストーカー規制法違反の疑いで書類送検された静岡県沼津市に住む48歳の会社員の男は、元交際相手で40代の女性の車にGPS発信機を取り付け、約90回にわたり位置情報を取得するストーカー行為をした疑いです。

男から「監視している」とのメッセージが届いたため女性が車を調べたところ、発信機が見つかりました。

位置情報を無断で取得する行為は改正ストーカー規制法により今年8月から規制対象となっていて、県内での適用は今回が初めてです。

過去のストーカー重大事件簿

他社の探偵調査を無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所がお勧めする探偵業としての「セカンドオピニオン」とは、各種調査の経験が豊富な現役ベテラン探偵調査員が他社の探偵事務所・興信所での調査プラン・お見積り内容が本当に適正なのか判断する無料診断サービスです。

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「探偵業センドオピニオン」をご利用下さい。

ラブ探偵

「探偵業センドオピニオン」につきましては、下記無料相談室よりお気軽にお問合せ下さい。

各種無料相談相談

電話で無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

LINEで無料相談

千葉県のラブ探偵事務所へLINEで無料相談

メールで無料相談