離婚調停中の夫が家庭裁判所で女性を刺す事件が発生

過去の離婚関連のニュースを抜粋してご紹介します。

2019年3月20日 NHK NEWS WEB

家庭裁判所で刺された女性死亡 離婚調停中の夫を逮捕

20日午後、東京千代田区にある家庭裁判所の玄関付近で、女性が男にいきなり刃物で刺されて死亡しました。刺したのは離婚調停中の夫で、現場近くの公園で警察官に取り押さえられ、逮捕されました。

20日午後3時20分ごろ、東京千代田区霞が関にある東京家庭裁判所の1階の玄関付近で、女性が首を刺されたという110番通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、埼玉県所沢市に住むWさん(31)が首から血を流して倒れていて、意識不明の重体になっていましたが、搬送先の病院で死亡しました。

警視庁によりますと、Wさんは離婚調停の協議のため裁判所を訪れ、ゲート式の金属探知機の手前で刺されたということです。
Wさんを刺したのは東京板橋区に住むアメリカ国籍の32歳の夫で、現場から逃走しましたが、まもなく日比谷公園内にある交番の近くで取り押さえられ、殺人未遂の疑いで逮捕されました。

逮捕された際、折り畳み式ナイフを3本所持し、自分の腕を刺してけがをしていたということです。

これまでの調べで、夫は裁判所の玄関付近に座って待ち伏せ、Wさんをいきなり切りつけたとみられます。

夫は身柄を取り押さえられた際、無言だったということで、警視庁は、詳しいいきさつを調べるとともに刑事責任能力についても確認を進めるとしています。

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

他社の調査料金のお見積りが適正なのか無料診断

探偵社セカンドオピニオンは千葉県のラブ探偵事務所

ラブ探偵事務所が勧める探偵業としての「セカンドオピニオン」は、経験豊富な現役相談員が他の探偵事務所・興信所でのお見積り内容を本当に適正なのか判断するための無料診断サービスです。

ラブ探偵ラブ探偵

高額な探偵事務所や興信所で契約する前に、ラブ探偵事務所の「セカンドオピニオン」をご利用下さい。